サッカー

これを読めばすべてわかる! ブンデスリーガ 15-16シーズン「全クラブ通信簿」(1位~9位編)

2016年05月24日更新
これを読めばすべてわかる! ブンデスリーガ 15-16シーズン「全クラブ通信簿」(1位~9位編)
今シーズンのブンデスリーガは、またしても絶対的王者のバイエルンが通算26度目のリーグタイトルを獲得する形で締めくくられた。史上初の4連覇を成し遂げたチームは、第7節でトップに立って以降、一度も首位の座を譲ることなく、圧倒的な強さを見せつけた。2位ドルトムントも昨シーズンのバイエルンが記録した勝ち点79に迫る勝ち点78を積み上げて優勝争いを盛り上げたが、王者の安定感は揺らぐことがなかった。 熾烈を極めた欧州カップ戦争いでは、終盤戦の追い上げで3位の座を確保したレヴァークーゼンと、監督交代によって蘇ったボルシアMGが躍動。一方でシャルケは2シーズン連続でチャンピオンズリーグ出場権を逃...

キーワード

  • シーズン
  • バイエルン
  • クラブ
  • ブンデスリーガ
  • ドルトムント
  • チーム
  • チャンピオンズリーグ
  • レヴァークーゼン
  • シャルケ
  • リーグ
  • サイドバック
  • ボルシア
  • ゴール
  • マインツ
  • アンドレ・ブライテンライター