大相撲

稀勢の里 来場所「V逸」でも横綱?

2016年05月23日更新
稀勢の里 来場所「V逸」でも横綱?
支度部屋に戻る稀勢の里の視線は賜杯に注がれた 大相撲夏場所千秋楽(22日、東京・両国国技館)は、大関稀勢の里(29=田子ノ浦)が横綱日馬富士(32=伊勢ヶ浜)を押し出して13勝目。次の名古屋場所(7月10日初日、愛知県体育館)で再度の綱取りに挑むことになった。審判部内ではV逸でも成績次第では横綱に推す意見も出るなど、和製横綱の誕生を強力に後押し。ただ、優勝経験がない横綱は“悲劇”を生む危険性をはらんでいる。 稀勢の里が名古屋場所で綱取りに再挑戦だ。全勝優勝の横綱白鵬(31=宮城野)に及ばず初優勝は逃したとはいえ、2場所連続で13勝の好成績。二所ノ関審判部長(59=元大関若嶋津)は「今...

キーワード

  • 稀勢の里
  • 白鵬
  • 日馬富士
  • 北尾
  • 鶴竜
  • 二所ノ関
  • 若嶋津
  • 北勝海
  • 日本相撲協会
  • 双羽黒
  • 両国国技館
  • 夏場所
  • 愛知県体育館
  • 角界