サッカー

これを読めばすべてわかる! セリエA 15-16シーズン「全クラブ通信簿」(1位~10位編)

2016年05月21日更新
これを読めばすべてわかる! セリエA 15-16シーズン「全クラブ通信簿」(1位~10位編)
今シーズンのセリエAの序盤戦を振り返ってみると、フィオレンティーナが16年ぶりに首位に立ったり、近年低迷を続けていたインテルがトップを走ったりと、例年とは違う顔ぶれが前半戦の上位争いを彩った。また、中小クラブのサッスオーロが大健闘を見せ、カルピとフロジノーネという2つのクラブがセリエAに初参戦したことなど、見どころは色々とあった。 しかし、最終的にスクデットを勝ち取ったのはユヴェントス。シーズン序盤は負傷者が続出したことや、新戦力の適応が遅れたこともあり低迷したが、中盤以降は28試合で26勝1分け1敗と他を圧倒。1930-35年以来、2度目の5連覇という偉業を達成した。結局、今シ...

キーワード

  • シーズン
  • セリエ
  • チーム
  • クラブ
  • ユヴェントス
  • インテル
  • サッスオーロ
  • ナポリ
  • エンポリ
  • スクデット
  • フィオレンティーナ
  • ゴール
  • スパレッティ
  • ローマ
  • トッティ