サッカー

復活の宮市亮が2度見せた涙の理由。「ちょっとうるっとしちゃいました」

2016年05月20日更新
復活の宮市亮が2度見せた涙の理由。「ちょっとうるっとしちゃいました」
つぶらな瞳がみるみる間に潤んでいった。軽快に話していたはずが、言葉に詰まる。 大手地元紙のザンクトパウリ担当が忌憚のない調子で、それでも少しは気を使いながら「僕は眼鏡をかけているから見えたんだけど、1点目を取った後、君の目には涙が浮かんでいたよね」と尋ねた時だった。宮市亮は、そうなんだよねと言わんばかりに笑い、そして話し始めたが、それは涙声だった。 「エモーショナルなことだったんです。難しいシーズンを送ってきたから。でもチームのためになれて幸せ」 宮市よりはるかに大柄なそのドイツ人記者は微笑みを浮かべ、ねぎらうように肩を叩いた。 ブンデスリーガ2部の'15-'16最終戦、ザンク...

キーワード

  • シーズン
  • 宮市
  • アーセナル
  • ザンクトパウリ
  • ローン
  • プレー
  • チーム
  • ゴール
  • アシスト
  • カイザースラウテルン
  • フェイエノールト
  • プレシーズンマッチ
  • 宮市亮
  • ブンデスリーガ
  • チームメイト