大相撲

【大相撲夏場所】白鵬との全勝対決を前に…稀勢の里 初賜杯へ“追い風”

2016年05月20日更新
【大相撲夏場所】白鵬との全勝対決を前に…稀勢の里 初賜杯へ“追い風”
全勝を守った稀勢の里。左は白鵬 大相撲夏場所12日目(19日、東京・両国国技館)、初優勝と綱取りを狙う大関稀勢の里(29=田子ノ浦)が大関照ノ富士(24=伊勢ヶ浜)を難なく押し出して全勝を守った。一方、照ノ富士は故障の影響で前日まで9連敗中。V争いをする大関の相手として適格かをめぐり、審判部内でも議論になった。最終的に稀勢の里は絶不調の相手と対戦する絶好の展開に。横綱白鵬(31=宮城野)との全勝対決を前に和製大関に吹いた“追い風”の背景とは――。 稀勢の里は白鵬とともに全勝をキープ。13日目の最強横綱との直接対決に向けて「一日一日ですから。集中してやるだけ」と表情を引き締めた。 この...

キーワード

  • 稀勢の里
  • 照ノ富士
  • 白鵬
  • 佐渡ヶ嶽
  • 二所ノ関
  • 若嶋津
  • 琴奨菊
  • 初場所
  • 両国国技館
  • 時津風
  • 豊ノ島
  • 夏場所