大相撲

最近の白鵬の相撲を丁寧に批判する。能町みね子が「最強」に望むこと。

2016年05月19日更新
最近の白鵬の相撲を丁寧に批判する。能町みね子が「最強」に望むこと。
横綱・白鵬の相撲に対し、批判の声が増しています。私自身にもその思いは強くなっています。 今年の春場所千秋楽。優勝のかかった結びの一番で、日馬富士を相手に立ち合いで左に大きく身体を躱し、「変化」で勝ったのは記憶に新しい。館内には前代未聞の大ブーイングが起こり、それに気圧されるように白鵬は土俵下でのインタビューの最中に相撲内容について謝罪し、ついには泣いてしまうという異常事態が起こりました。 白鵬の相撲内容が批判されること自体は、以前から珍しくない。しかし、問題の春場所を終え、夏場所になって批判はさらに大きくなったように感じます。 まず一点は「カチ上げ」。カチ上げは本来肩から腕全体...

キーワード

  • 白鵬
  • カチ
  • 琴勇輝
  • サポーター
  • コール
  • ダメ
  • 朝青龍
  • 久島海
  • 旭道山
  • 垣添
  • 北の富士
  • 魁聖
  • 正代
  • 春場所
  • ダメージ