野球

虎初育成出身サヨナラ打!原口「必死のパッチ」本家指名に絶叫

2016年05月19日更新
虎初育成出身サヨナラ打!原口「必死のパッチ」本家指名に絶叫
<神・中>9回1死満塁、サヨナラ打を放ち、ナインからウオーターシャワーを浴びる原口(中央) Photo By スポニチ 固く、固く抱き合った。劇的なサヨナラ打。歓喜の輪から離れた阪神・原口は、両手を広げて待っていた金本監督と熱い抱擁を交わした。ナインから浴びせられた水でびしょ濡れになった体を、指揮官の太い両腕に委ねた。 「サヨナラやりましたあ!」。甲子園で初のお立ち台。原口は自らマイクを手に絶叫した。「最高です。絶対に決めてやると“必死のパッチ”で打ちました」。昨季限りで引退した関本賢太郎氏(スポニチ本紙評論家)から「おまえに譲るわ。グッチが使わず誰が使うね...

キーワード

  • 原口
  • バッテリー
  • チーム
  • プロ
  • 金本
  • 関本賢太郎
  • ドラフト
  • サヨナラ
  • スポニチ
  • 中村紀洋
  • 岡田
  • ナイン
  • パッチ
  • キロ
  • 夏の甲子園