サッカー

経営危機に陥ったアビスパ福岡、復活の理由/後編「“アビスパ”というキーワードで、子どもたちの成長に好影響を与えることができたら」

2016年05月18日更新
経営危機に陥ったアビスパ福岡、復活の理由/後編「“アビスパ”というキーワードで、子どもたちの成長に好影響を与えることができたら」
「Jリーグ退会」という最悪の事態も考えられた経営危機を乗り越え、現在5年ぶりにJ1のステージで奮闘するアビスパ福岡。その危機的状況からクラブを立て直した背景には、サッカー界とは異なる業界から来た経営者がいた。 2013年10月、アビスパ福岡は約5,000万円の運営資金不足が表面化し、サポーターなどから募金を集める事態となっていた。同年度は約2,800万円の債務超過に陥り、経営改善が見られなければ、最悪の場合Jリーグを退会せざるを得ないという現実を突き付けられる。しかしその翌年8月、経営再建を目指すアビスパ福岡は、福岡市を拠点とする企業から約1億円の出資を受け、クラブは経営危機を回避...

キーワード

  • クラブ
  • 川森敬史
  • サッカー
  • アビスパ
  • 川森
  • アパマンショップホールディングス
  • ブランド
  • アパマンショップネットワーク
  • チーム
  • サポーター
  • トップチーム
  • スポーツ
  • スローガン
  • イメージ
  • アパマンショップ