野球

逮捕直前まで交流も 虎金本監督“清原被告”になぜか沈黙

2016年05月18日更新
逮捕直前まで交流も 虎金本監督“清原被告”になぜか沈黙
「俺のアニキは清原さん」 かつてこう言っていたのは阪神・金本知憲監督(48)。「昔から憧れていた。ファンだった」と話したこともある。 2人のつながりは深い。金本監督はプロ入り直後、「清原さんに挨拶したい」と母校・東北福祉大の先輩で当時、西武で清原被告のチームメートだった大塚光二氏に頭を下げた。プロ4年目の95年にオールスターに初出場した時に、初めて食事をしてから意気投合。清原被告が現役晩年に左膝の故障で入院している時には花を贈り、清原は金本の引退試合で花束を贈呈した。 13年には一緒にトークショーもやった。共通の知人も多い。清原被告の初公判で情状証人として法廷に立った佐々木主...

キーワード

  • 清原
  • 金本
  • 大塚光二
  • コメント
  • 金本知憲
  • プロ
  • 阪神
  • アニキ
  • 佐々木主浩
  • 引退試合