野球

法廷で異例の光景…清原被告、親友・佐々木氏と誓いの握手

2016年05月17日更新
法廷で異例の光景…清原被告、親友・佐々木氏と誓いの握手
厳しい表情で報道陣の質問に答える佐々木氏 Photo By スポニチ 異例の光景だった。閉廷後。情状証人を務めた佐々木氏は、清原被告の背後を通って退出しようとした。すれ違いざま、2人はどちらからともなく右手を差し出した。固い握手。「ありがとう」。清原被告の口はそうつぶやいたように見えた。かつてのライバルが刑事被告人に転落。それでも佐々木氏の思いは決して変わることはなかった。 「昔から彼を見ている。親友ですから」。出廷理由を弁護人から問われ、はっきりと答えた。周囲からは「イメージが悪くなる」などと、反対する声が多かったという。それでも「即決で“分かった”と返事...

キーワード

  • 清原
  • 佐々木
  • 野球殿堂
  • セーブ
  • 防御率