野球

“便利屋”オリックス原拓也の、「脇役でもヒーローになる」勝負論。

2016年05月17日更新
“便利屋”オリックス原拓也の、「脇役でもヒーローになる」勝負論。
打率.833。 電光掲示板の表示がそれに切り替わった瞬間、スタンドがにわかにざわついた。 数字の正体は6打数5安打。 開幕まもない時期にはよく見かける、特別珍しい数字ではないのだが、ざわついたファンはもちろんその内容を知っていた。 4月23日、千葉ロッテ対オリックス戦。 9回表、味方が1点リードされた場面。8回裏に岩崎恭平と交代でセカンドに入ったオリックスの原拓也はそのまま打席につくと、千葉ロッテのストッパー西野勇士の甘いボールを見逃さず、右前へしぶとく運んだ。 価千金の同点タイムリー。 開幕から難攻不落とされてきたロッテブルペン陣にでっかい穴をあけた瞬間だった。 “普...

キーワード

  • オリックス
  • 西武
  • レギュラー
  • チャンス
  • ピッチャー
  • タイムリー
  • ベンチ
  • ボール
  • ファン
  • 原拓也
  • ホセ・フェルナンデス
  • 西野勇士
  • 石井義人
  • 福良淳一
  • 中村剛也