野球

清原和博被告、初公判へダーク系地味スーツ2着新調

2016年05月16日更新
清原和博被告、初公判へダーク系地味スーツ2着新調
清原和博被告 覚せい剤取締法違反(所持、使用、譲り受け)の罪で起訴された元プロ野球選手清原和博被告(48)の初公判が17日、東京地裁で開かれる。2月2日の逮捕後、清原被告が公の場に姿を見せるのは初めて。関係者の話では、ダークスーツを新調し、公判に備えているという。 弁護側の情状証人として、日刊スポーツ評論家の佐々木主浩氏(48)も出廷し、即日結審の見通し。薬物犯罪に詳しい小森栄弁護士は判決は1週間後以降で、過去の判例などから、量刑は懲役2年執行猶予3~4年とみている。 清原被告は3月17日の保釈後、千葉県内の病院に入院。「一から出直し、必ず更生することを決意...

キーワード

  • 清原和博
  • スーツ
  • 清原
  • ダーク
  • 佐々木主浩