野球

清原被告の昇り竜 入れ墨消すにはレーザー治療3年から5年

2016年05月16日更新
清原被告の昇り竜 入れ墨消すにはレーザー治療3年から5年
清原和博被告 Photo By スポニチ 清原被告の入れ墨について、湘南美容外科大阪梅田院の加藤周院長は「消すのに3年から5年はかかる」とみている。 治療法は「レーザー治療が現実的」。一度に治療できるのは手のひら2個分のサイズまで。レーザー照射で皮膚がやけどを負うため、治るまで次の治療ができなくなる。その期間は「早くても2、3カ月。人によってはさらに遅くなる」という。 左胸の昇り竜については「あそこまで大きいものを治療したことはない」という。「10回以上の治療が必要になるかもしれない。費用は500万〜600万円くらいになるのでは」と語った。 ...

キーワード

  • レーザー
  • 清原和博
  • 清原