野球

0打数7出塁とカブスの驀進。成功した「ハーパーを歩かせろ」。

2016年05月14日更新
0打数7出塁とカブスの驀進。成功した「ハーパーを歩かせろ」。
ゴールデン・ウィークが日本で終わろうとしていたころ、シカゴのリグレー・フィールドは上を下への大騒ぎだった。 といっても、残念なことに、私は現場に居合わせたわけではない。あとで映像を見て、しまった、見にいっておくべきだったと思っただけの話だ。いまさら悔んでも仕方ないが、以前はこういう現場に遭遇する確率がもっと高かった。見ていた人は大威張りだろうな。 5月5日から8日にかけて、カブスはナショナルズに4タテを食わせた。連戦のはじまる前、両者はナ・リーグの最高勝率を争っていた。中地区首位のカブスが20勝6敗、東地区首位のナショナルズが19勝8敗の好成績だったのだ。 試合の結果を先に並べ...

キーワード

  • カブス
  • ハーパー
  • ワールドシリーズ
  • ナショナルズ
  • レッドソックス
  • ジェフ・バグウェル
  • ナ・リーグ
  • オリオールズ
  • フォックス
  • シカゴ
  • ブルックリン・ドジャース
  • ドジャース
  • アストロズ
  • 出塁率
  • ヤンキース