サッカー

【リーガで働く日本人】史上初めてバルセロナの現場で働いた日本人の物語②

2016年05月14日更新
【リーガで働く日本人】史上初めてバルセロナの現場で働いた日本人の物語②
サッカー大国スペインにして、唯一無二の存在であり、世界のサッカーシーンを先駆するバルセロナ。選手ならずとも、サッカーに係る人間の多くがその地に憧れ、学びを求めて海を渡る。その道を切り開いた一人の男、それが村松尚登だ。サッカー留学=ドイツが主流だった当時、村松が選んだスペイン・バルセロナへの武者修行。日本人としては初のバルセロナスクールコーチとして活躍した。「練習メニューがバルセロナっぽいわけではなく、そのメニューをいかにバルセロナっぽくプレーさせるかなんです」。サッカーが日常に溶け込むバルセロナの空気に、強さの真髄を見た。時は流れ、今は母国日本で指導者として活躍する村松だが、その礎...

キーワード

  • バルセロナ
  • サッカー
  • 村松尚登
  • スペイン
  • メソッド
  • チーム
  • メニュー
  • 村松
  • ピリオダイゼーション
  • プレー
  • テクニック
  • バルセロナスクール
  • ボール
  • プレースタイル
  • コーチ