野球

ホームを跨いでいたら全部セーフ!?コリジョンルールの運用法を考える。

2016年05月13日更新
ホームを跨いでいたら全部セーフ!?コリジョンルールの運用法を考える。
今季から導入されたコリジョンルールが、改めて注目を浴びている。 本塁上での過度の接触プレーを防ぐために、2016年シーズンから導入されたコリジョンルールが公式戦で適用され、アウトの判定がセーフに覆るケースが相次いで起こった。 両リーグを通じて初めて同ルールでアウトがセーフに覆ったのが、5月6日の西武対日本ハム戦の6回だった。 1死満塁からマウンドの西武・高橋光成投手の暴投で三塁走者が生還。さらに二塁走者の日本ハム・淺間大基外野手が本塁を狙って三塁を回った。これに対して本塁のベースカバーに入った高橋が、捕手からの送球を本塁を跨いで捕球して浅間にタッチ。一度はアウトが宣せられたが、...

キーワード

  • コリジョンルール
  • ルール
  • タックル
  • アウト
  • セーフ
  • ブロック
  • プレー
  • ビデオ
  • タッチ
  • クロスプレー
  • ボール
  • 原口
  • 阪神
  • 高橋
  • ホーム