サッカー

山田大記、ドイツ2年目の進化と苦闘…卓越した“ビジョン”を武器に代表入りへ

2016年05月10日更新
山田大記、ドイツ2年目の進化と苦闘…卓越した“ビジョン”を武器に代表入りへ
ブンデスリーガのシーズン終盤戦を取材するためドイツに来た筆者は、4月30日にチャンピオンズリーグ出場権を懸けたレヴァークーゼン対ヘルタ・ベルリンの上位対決を取材した後、一路カールスルーエに向かった。理由は二つ。ブンデスリーガ2部のレベルやスタイルを現場レベルで感じたいこと。もう一つはカールスルーエでプレーする元ジュビロ磐田の山田大記がどのような環境で、どういうプレーをしているのかを知るためだ。 2部を観戦したことはこれまで何度かあったが、現地で山田のプレーを見るのは初めて。昨シーズンは1部昇格を懸けたハンブルガーSVとのプレーオフに出場し、惜しくも昇格を逃しながら2列目のポジショ...

キーワード

  • 山田
  • カールスルーエ
  • プレー
  • シーズン
  • スペース
  • ボール
  • ブンデスリーガ
  • プレメル
  • ドイツ
  • ザントハウゼン
  • ゴール
  • チャンス
  • スタジアム
  • スタイル
  • ヴァレンティーニ