格闘技

尚弥、来年米進出GOサイン 大橋会長「やらない手はない」

2016年05月09日更新
尚弥、来年米進出GOサイン 大橋会長「やらない手はない」
激闘から一夜、拳が腫れた井上(左)を八重樫が称える Photo By スポニチ ボクシングのダブル世界戦で防衛に成功したWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(23=大橋)とIBF世界ライトフライ級王者・八重樫東(33=同)が9日、横浜市内で一夜明け会見を開いた。両拳を痛めながら大差の3―0判定で2度目の防衛を果たした井上尚について、大橋秀行会長(51)は今後の海外進出を明言。期待されるWBC世界フライ級王者ローマン・ゴンサレス(28=ニカラグア)との対戦実現は来年までとリミットを設定した。 横浜から“開国宣言”だ。前日(8日)の防衛戦で2回に右拳...

キーワード

  • 大橋
  • 井上尚
  • ロマゴン
  • ゴンサレス
  • 大橋秀行
  • 暫定王座
  • 帝拳ジム
  • WBA
  • ローマン・ゴンサレス
  • 八重樫東
  • 井上尚弥
  • 井上
  • 新井田豊
  • スーパー
  • ボクシング