テニス

錦織変わらず マレーは後退

2016年05月09日更新
錦織変わらず マレーは後退
男子テニスの5月9日付ATP世界ランキングが発表され、ムチュア・マドリッド・オープン準決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れて2年連続ベスト4となった錦織圭(日本)は、前回と変わらず6位キープ。また、同大会決勝でジョコビッチに敗れて準優勝のA・マレー(英国)は400ポイント失い3位に後退した。錦織は、5月8日から開催されているBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)に第6シードで出場。初戦の2回戦では世界ランク24位のV・トロイキ(セルビア)と対戦する。トロイキは1回戦でT・ガバシュビリ(ロシア)を破っての勝ち上がり。>>BNLイタリア国際対戦表<<5月9...

キーワード

  • ポイント
  • ランキング
  • ベルディヒ
  • BNL
  • ジョコビッチ
  • 錦織圭
  • イタリア
  • マレー
  • 錦織
  • フェレール
  • フェデラー
  • ムチュア・マドリッド・オープン