テニス

ジョコビッチと錦織の間の、わずかな差「近づいてきているように感じた」 [ムトゥア マドリッド・オープン]

2016年05月08日更新
ジョコビッチと錦織の間の、わずかな差「近づいてきているように感じた」 [ムトゥア マドリッド・オープン]
スペイン・マドリッドで開催されている「ムトゥア マドリッド・オープン」(ATP1000/5月1〜8日/賞金総額477万1360ユーロ/クレーコート)は男子シングルス準決勝が行われ、第6シードの錦織圭(日清食品/6位)は第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア/1位)に、3-6 6-7(4)で惜敗した。 もう一方の準決勝は、第2シードのアンディ・マレー(イギリス/2位)が第5シードのラファエル・ナダル(スペイン/5位)を7-5 6-4で破り、8日に行われる決勝はジョコビッチとマレーのトップ2シードの対決となった。 ◇ ◇ ◇ ジョコビッチはなぜ強いのか、という問いを投げたとき、専...

キーワード

  • ジョコビッチ
  • 錦織
  • セット
  • サービス
  • ゲーム
  • ポイント
  • ミス
  • ブレーク
  • プレー
  • アグレッシブ
  • フォアハンド
  • シード
  • ストローク
  • スタート
  • タイブレーク