野球

【米国はこう見ている】「代打イチロー」に地元メディアは懐疑的意見も…決勝打で“手のひら返し”!?

2016年05月04日更新
【米国はこう見ている】「代打イチロー」に地元メディアは懐疑的意見も…決勝打で“手のひら返し”!?
絶好機での登場に「危惧されるのは内野ゴロ」と実況も…最後は「42歳は健在だ!」 マーリンズのイチロー外野手は3日(日本時間4日)、本拠地でのダイヤモンドバックス戦で6回1死満塁のチャンスに代打で出場。逆転2点タイムリーを放つ活躍で、チームを7-4での勝利に導いた。地元メディアからは、今季3本塁打、12打点の強打者ジャスティン・ボーア内野手ではなく、イチローを代打に送った采配に懐疑的な意見も出たが、レジェンドは抜群の勝負強さで決勝打をマーク。「42歳は健在だ!」と“手のひら返し”で絶賛されている。 マーリンズ・パークに「イチローコール」が響く中、背番号51が引き締まった表情で...

キーワード

  • イチロー
  • マーリンズ
  • ライナー
  • ヒット
  • ダイヤモンドバックス
  • マッティングリー
  • タイムリー
  • メジャー
  • コンタクト
  • ショート
  • レジェンド
  • メディア
  • シャツ
  • バット
  • ボール