サッカー

アトレティコが死闘を制し、2季ぶりのCL決勝進出…バイエルンはまたしても4強で散る

2016年05月03日更新
アトレティコが死闘を制し、2季ぶりのCL決勝進出…バイエルンはまたしても4強で散る
チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグが3日に行われ、バイエルンとアトレティコ・マドリードが対戦した。 4月27日にマドリードで行われたファーストレグは、U-21スペイン代表MFサウール・ニゲスの得点を守り切ったアトレティコ・マドリードが1-0でバイエルンを破り、優位な立場に立った。一方、バイエルンはアリアンツ・アレナで驚異的な強さを見せており、得意のホームで逆転突破を狙う。 バイエルンは4月30日のボルシアMG戦から8名を変更。GKマヌエル・ノイアー、DFフィリップ・ラーム、ハビ・マルティネス、ジェローム・ボアテング、ダヴィド・アラバ、MFシャビ・アロンソ、アルトゥーロ・ビダ...

キーワード

  • バイエルン
  • アトレティコ・マドリード
  • スコア
  • シュート
  • エリア
  • レヴァンドフスキ
  • ゴール
  • グリエスマン
  • オブラク
  • トーレス
  • シャビ・アロンソ
  • ミュラー
  • キッカー
  • マドリード
  • アトレティコ