野球

【米国はこう見ている】肉体進化のダルビッシュ、初実戦で圧巻の速球 実際に球速は上がったのか?

2016年05月02日更新
【米国はこう見ている】肉体進化のダルビッシュ、初実戦で圧巻の速球 実際に球速は上がったのか?
手術後初の実戦で最速156キロ、「真っ直ぐがすごく良かった」 レンジャーズのダルビッシュ有投手が1日(日本時間2日)、マイナーでのリハビリ登板に臨んだ。傘下2Aフリスコで2回を投げて無安打無失点2奪三振と上々の内容。昨年3月の右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)後初の実戦マウンドながら、最速97マイル(約156キロ)を記録した。リハビリ中にさらなる肉体強化に臨み、球速アップにも意欲を見せていると報じられている右腕だが、数字だけを見れば早速その効果が表れていると言えそうだ。 大歓声の中でマウンドに上がったダルビッシュは、先頭の右打者ラムゼイへの初球でいきなり94マイル(...

キーワード

  • マイル
  • キロ
  • ダルビッシュ
  • マウンド
  • メジャー
  • マーク
  • フルカウント
  • ダルビッシュ有
  • スライダー
  • ツーシーム
  • リハビリ
  • カットボール
  • 奪三振
  • ダラス・モーニング・ニュース
  • バスケス