サッカー

首都東京で舵を取る―FC東京社長が描く未来予想図「一般試験を受けて東京ガス入社、社員選手を経てクラブスタッフへ/前編」

2016年04月26日更新
首都東京で舵を取る―FC東京社長が描く未来予想図「一般試験を受けて東京ガス入社、社員選手を経てクラブスタッフへ/前編」
クラブの前身である東京ガスサッカー部でキャプテンとして中盤の底に君臨した“ガネさん”は今、首都をホームタウンとするFC東京の代表取締役社長としてクラブを率いている。ポルトガル語で“舵取り”を意味するボランチを主戦場とした現役時代から一変、ユニフォームをスーツに着替え、今度は経営者としてクラブの操舵を担っているというわけだ。 アマチュア選手として戦い、プロサッカークラブの社長となるまでには、果たしてどんな経緯があったのか。そして彼は何を考え、今後いかなる方向性を打ち出していこうとしているのか。 大金直樹社長が最大のポイントに挙げたのは「育成」の二文字。彼の言葉から、首都をホームタ...

キーワード

  • サッカー
  • 東京ガス
  • リーグ
  • チーム
  • クラブ
  • アマチュア
  • プロ
  • プレー
  • アマラオ
  • キャプテン
  • 一つ
  • ジャパンフットボールリーグ
  • 東京フットボールクラブ
  • 日本サッカーリーグ
  • 関東サッカーリーグ