サッカー

サッカー、いや教育関係者必読の書。早熟な才能と「根性」の不都合な関係。

2016年04月25日更新
サッカー、いや教育関係者必読の書。早熟な才能と「根性」の不都合な関係。
「あまりにも早い時期に競技に熟達した人間を相手にするのは非常に難しい。そうした人は新たなことに挑戦しないし、モチベーションを維持するのが困難だ」 スティーブン・フランシス(ジャマイカの陸上コーチ) サッカーの育成関係者であれば、必ず読むべき本がある。デンマーク出身のラスムス・アンカーセンが記した『トップアスリート量産地に学ぶ 最高の人材を見出す技術』(清水由貴子・磯川典子訳、CCCメディアハウス)だ。 元サッカー選手のアンカーセンが「才能」に興味を持ったのは、デンマークのFCミッティランのアカデミーで働いていたときのことだ。スカウトが誰も目をつけなかったシモン・ケアー(...

キーワード

  • サッカー
  • アンカーセン
  • イメージトレーニング
  • ミッティラン
  • グループ
  • モチベーション
  • アメリカ
  • オーナー
  • デンマーク
  • トレーニング
  • スティーブン・フランシス
  • ブレントフォードFC
  • フレディ・アドゥー
  • 香港大学
  • オックスフォード