テニス

錦織、初4強ならず…元世界1位ナダルにストレート負け

2016年03月18日更新
錦織、初4強ならず…元世界1位ナダルにストレート負け
ポイントを失い、顔をしかめる錦織(AP) Photo By AP テニスのBNPパリバ・オープンは18日(日本時間19日)、米カリフォルニア州インディアンウェルズで行われ、世界ランキング6位で第5シードの錦織圭(26=日清食品)は男子シングルス準々決勝で世界5位で第4シードののラファエル・ナダル(29=スペイン)と対戦。4―6、3―6で敗れ、初の4強入りはならなかった。試合時間は1時間33分。 ナダルのサービスゲームで試合開始。錦織は第3ゲームをブレーク。続く第4ゲームはラブゲームでキープと試合を優位に進めた。だが、第6ゲームでナダルがチャレンジ成功から流れ...

キーワード

  • 錦織
  • ゲーム
  • ナダル
  • ブレーク
  • シード
  • ノバク・ジョコビッチ
  • ラファエル・ナダル
  • 錦織圭
  • ブレークバック
  • サービスゲーム
  • シングルス
  • ポイント
  • キープ
  • ジョーウィルフリード・ツォンガ
  • インディアンウェルズ