野球

「清宮世代」が輝いた今年の甲子園。学年不問の起用が彼らを成長させる。

2015年08月22日更新
「清宮世代」が輝いた今年の甲子園。学年不問の起用が彼らを成長させる。
いつの時代にも、甲子園でスターとなった1年生がいた。 東邦の坂本佳一(1977年)、早稲田実業の荒木大輔('80年)、PL学園の桑田真澄、清原和博('83年)、星稜の松井秀喜('90年)、大阪桐蔭の中田翔(2005年)……。彼らは1年生ながら甲子園に出場したことによって知名度を上げ、高校球界を代表する選手となっていった。 早稲田実業の清宮幸太郎は、高校に入学した時点で、すでにスターだった。 父がラグビー界の名将。自身もリトルリーグ時代に世界を制し、「和製ベーブ・ルース」と脚光を浴びた。衆目の渦中に身を置きながらも、「スーパー1年生」は西東京大会で打率5割と3年生顔負けの数字を残...

キーワード

  • 清宮
  • チーム
  • パフォーマンス
  • スーパー
  • プレー
  • 清宮世代
  • 広島新庄
  • 坂本佳一
  • 満塁本塁打
  • ピッチャー
  • マウンド
  • デビュー
  • 西巻
  • スター