野球

清宮幸太郎フィーバーは、若貴フィーバーなのだ!

2015年08月25日更新
清宮幸太郎フィーバーは、若貴フィーバーなのだ!
「甲子園は清宮のために」 かつての名実況「甲子園は清原のためにあるのか!?」(植草貞夫)を想起させるこの見出し。早実の1年生・清宮幸太郎が甲子園で初ホームランを打った翌日の、日刊スポーツ(8月16日)の一面見出しである。 清宮は早実の準決勝進出の原動力となり、1年生での2本塁打は'83年の桑田真澄以来。1年時の清原和博を超える成績となった。 大会100周年をむかえて盛り上がった今年の夏の高校野球。この8月は、スポーツ紙やタブロイド紙的にはまちがいなく「清宮フィーバー」の1カ月であった。 それにしても、荒木大輔や桑田&清原、松井秀喜、斎藤佑樹……。かつての高校野球のスターたちは甲...

キーワード

  • 清宮
  • 清宮フィーバー
  • 日刊ゲンダイ
  • スカウト
  • フィーバー
  • オヤジジャーナル
  • 清宮幸太郎
  • 小笠原慎之介
  • ゲンダイ
  • ホームラン
  • 佐藤世那
  • 若貴フィーバー
  • 東海大菅生
  • 植草貞夫
  • 藤島部屋