野球

U-18W杯で見えた、球児たちの本質。清宮、勝俣、平沢、オコエの“核”。

2015年09月11日更新
U-18W杯で見えた、球児たちの本質。清宮、勝俣、平沢、オコエの“核”。
夏の甲子園大会が終わり、その直後から開催された「U-18」もアメリカチームの3連覇で幕を閉じた。 今年の「U-18」は、日本開催であることと、甲子園大会から続く“清宮幸太郎人気”のせいもあって、いつになく盛り上がった。 テレビも日本チームの試合をBSで完全中継、アメリカチームとの決勝戦はテレビ朝日が地上波で放送。日曜日の夕刻6時、『ちびまる子ちゃん』や『サザエさん』という“強豪”を向こうにまわして、視聴率18%という大健闘をみせたと聞く。 日曜6時といえば、家族優先、家族優勢の時間帯であろう。にもかかわらず、これだけの高い視聴率を上げたということは、決して“お父さん”ばかりが興...

キーワード

  • オコエ
  • スピード
  • 清宮幸太郎
  • 瑠偉
  • バット
  • アメリカ
  • ジャパン
  • ダメ
  • 平沢大河
  • 勝俣翔貴
  • ゴロ
  • 東海大菅生
  • ダイヤモンド
  • エース・ニコラス
  • 平沢