野球

中地区の隆盛と着実な補強。~今季のMLBを占うストーヴ・リーグ~

2016年01月31日更新
中地区の隆盛と着実な補強。~今季のMLBを占うストーヴ・リーグ~
今年のストーヴ・リーグにも、ようやく目鼻がついてきた。FA市場に最後まで残っていた大物ふたりの行く先が決まり、各球団の補強がほぼ終了したからだ。 ふたりの大物とは、ジャスティン・アプトンとヨエニス・セスペデスだ。アプトンは、タイガースと総額1億3275万ドルの6年契約を結んだ。セスペデスは、総額7500万ドルの3年契約で去年も在籍していたメッツでのプレーを選択した。 ひとりセスペデスに限らず、古巣と契約したFA選手がけっこう目立つ。クリス・デイヴィスやマット・ウィータースがオリオールズと、アレックス・ゴードンがロイヤルズと契約したケースも反射的に思い浮かぶ。なかでも拍手で迎えられ...

キーワード

  • ロイヤルズ
  • タイガース
  • チーム
  • ゴードン
  • アプトン
  • アニバル・サンチェス
  • オリオールズ
  • ナ・リーグ
  • ア・リーグ
  • 中堅手
  • カーディナルス
  • ベン・ゾブリスト
  • ストーヴ・リーグ
  • セスペデス
  • パイレーツ