テニス

全米OP+25歳=四大大会初制覇?世界が優勝候補と考える錦織圭。

2015年08月28日更新
全米OP+25歳=四大大会初制覇?世界が優勝候補と考える錦織圭。
当然ながらテニス雑誌は表紙の写真が売り上げに関わるそうで、日本では最近どこも錦織圭を使うことが多い。だいたい3~4号は錦織が続いて、一度海外選手をはさんでまた錦織というパターンである。なお、海外選手もここ数年はビッグ4に限られているといっていい。 そんな中、ドイツのテニスマガジンの最新号の表紙が錦織である。躍動感あふれる〈エアK〉。 現在トップ20の男子がドイツ人には1人もいないという国内事情を踏まえたとしても、まだグランドスラム優勝もしていなければ世界のトップ3にも入っていない、世界4位のアジアの選手を表紙にするということは、保守的なドイツ国民の視点からはかなりの冒険かもしれな...

キーワード

  • 錦織
  • オープン
  • グランドスラム
  • トップ
  • モントリオール
  • マレー
  • ドイツ
  • ウィンブルドン
  • シード
  • ケガ
  • レイトン・ヒューイット
  • ピート・サンプラス
  • シュテフィ・グラフ
  • ボリス・ベッカー
  • ハードコート