テニス

フェデラーとの惜敗で再起動した錦織。トップ8で終えた今季の反省内容とは?

2015年11月26日更新
フェデラーとの惜敗で再起動した錦織。トップ8で終えた今季の反省内容とは?
2015年のツアーファイナルズは、シーズンを総括するようにノバク・ジョコビッチとロジャー・フェデラーの今年8回目の対戦で彩られ、王者ジョコビッチの栄冠で幕を下ろした。今大会で錦織が敗れたのはこの2人であり、全米オープン以降「モヤモヤしていた」錦織を目覚めさせたのもこの2人と言っていいかもしれない。 1勝1敗で迎えたラウンドロビンの最後の一戦、1年ぶりにフェデラーと対峙した錦織は試合が進むにつれて本来の躍動感を高めていった。結局5-7/6-4/4-6の惜敗だったが、今大会のベストマッチではなかっただろうか。フェデラーはこの試合に勝っても負けても準決勝進出がすでに確定しており、そのフェ...

キーワード

  • 錦織
  • フェデラー
  • テニス
  • ジョコビッチ
  • ラケット
  • ラウンドロビン
  • トップ
  • ノバク・ジョコビッチ
  • ロジャー・フェデラー
  • デビスカップ
  • ベルディヒ
  • サンプラス
  • ラファエル・ナダル
  • 及第点
  • ヨーロッパ