大相撲

元魁皇・浅香山親方に聞く。琴奨菊の初優勝と、これから。

2016年03月08日更新
元魁皇・浅香山親方に聞く。琴奨菊の初優勝と、これから。
琴奨菊が、同じ九州出身として幼少の頃から憧れ続け、角界入門後は常に尊敬の念を抱き続けていた存在――それは、11年の長きにわたって大関を張った魁皇、現浅香山親方だった。 2011年7月に魁皇が引退すると、まるで新旧大関交代とでもいうように、翌9月場所後に新大関昇進を決めたのが、琴奨菊でもあった。この頃、琴奨菊は浅香山親方から愛用の黒い博多帯を譲り受けていた。以来、“魁皇”の四股名が刺繍された、年季の入ったその帯を締めて場所入りを続けている。「琴バウアー」と呼ばれる仕切りの際の“ルーティン”と同じく、今もそれは変わらない。 「帯、まだ使ってるって? もうボロボロになってるんじゃないの?...

キーワード

  • 琴奨菊
  • トレーニング
  • ケガ
  • 魁皇
  • 浅香山
  • 豪栄道
  • 稀勢の里
  • ベテラン
  • 武双山
  • 浅香山親方
  • 安美錦
  • 嘉風
  • チャンス
  • バランス
  • ライバル