テニス

ドービング批判の急先鋒でチャリティにも情熱を傾けるマレーという男

2016年04月23日更新
ドービング批判の急先鋒でチャリティにも情熱を傾けるマレーという男
アンディ・マレー(イギリス)によるテニス界のドーピングに関しての最近のいくつかのコメントには反論がなされたりしているが、相変わらず彼はドービングに関して批判的なままだ。 世界2位のマレーは新聞社のインタビューに対して何人の選手たちはドーピングをしているのではないかとコメントして、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)のコーチを務めているボリス・ベッカーには「イカレてる」と批判された。 マレーは金曜日にベッカーの批判に対して答えて険悪な雰囲気ではないとしたが、彼はテニス界の健全性を維持するためなら今後も話をすることをためらったりするつもりはないと話した。「スポーツ界が長年にわたってやってきたい...

キーワード

  • マレー
  • テニス
  • イギリス
  • ウィンブルドン
  • イベント
  • プレー
  • モンテカルロ
  • ノバク・ジョコビッチ
  • ティム・ヘンマン
  • ボリス・ベッカー
  • Mansfield
  • ラファエル・ナダル
  • リオデジャネイロ五輪
  • チャリティ
  • スペイン