テニス

錦織はクレーで連敗中だったシャルディを下して準々決勝進出 [バルセロナ・オープン]

2016年04月22日更新
錦織はクレーで連敗中だったシャルディを下して準々決勝進出 [バルセロナ・オープン]
スペイン・バルセロナで開催されている「バルセロナ・オープン・バンコサバデル」(ATP500/4月18〜24日/賞金総額 215万2690ユーロ/クレーコート)の3回戦で、第2シードの錦織圭(6位/日清食品)がジェレミー・シャルディ(33位/フランス)を6-3 7-5のストレートで下し、準々決勝に駒を進めた。 「シャルディは非常にアグレッシブな選手で簡単な試合ではなかったが、特に今日はリターンがよかったので数回サービスをブレークすることができ、いいリズムをつくれたと思う。最後の数ゲームには少し苦しんだが、全体的に見て自分のテニスに満足している」と錦織。 やるべきことをきっちりこなし、こと...

キーワード

  • 錦織
  • シャルディ
  • ゲーム
  • セット
  • ブレーク
  • フォアハンド
  • ミス
  • リターン
  • サービス
  • ジュニア
  • ブレークバック
  • サービスゲーム
  • ショット
  • プレー
  • バックハンド