野球

“代打の代打”にも腐らず イチロー3000安打への活力は何か

2016年04月21日更新
“代打の代打”にも腐らず イチロー3000安打への活力は何か
日米通じてプロ25年目を迎えたベテランにとって、それは屈辱以外の何物でもなかったに違いない。 マーリンズのイチロー(42)が16日(日本時間17日)のブレーブス戦で「代打の代打」を送られた。代打で出場予定も、相手投手が左腕に代わると「代打の代打」を送られ、一度も打席に立つことなくベンチに引き揚げたのだ。イチローが「代打の代打」を出されたのは、野球を生業とするようになって初めてのことだ。 18日(日本時間19日)現在、マーリンズは11試合を消化。そのうちイチローのスタメン出場はたった1回しかない。ここまで10打数4安打の打率4割。与えられた数少ないチャンスはモノにしながら、首脳陣...

キーワード

  • イチロー
  • メジャー
  • マーリンズ
  • アテ馬
  • アイデンティティー
  • 松井秀喜
  • ヤンキース
  • オリックス
  • ベテラン