テニス

復帰フェデラー 敗退も「満足」

2016年04月16日更新
復帰フェデラー 敗退も「満足」
男子テニスツアーのモンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は15日、シングルス準々決勝が行われ、第3シードのR・フェデラー(スイス)が第8シードのJW・ツォンガ(フランス)に6-3, 2-6, 5-7の逆転で敗れ、大会から姿を消した。過去の同大会で4度の準優勝を飾っているフェデラーだったが、敗戦ながらそれほど落胆はしていなかった。2月3日に受けた膝の内視鏡手術からの復帰戦として臨んでいたフェデラーは、こうして膝の不安を払拭して試合が出来ることを一番の目標としていた。「試合を昨日と今日と連続して戦えたことに満足している。そして今日は2時間...

キーワード

  • フェデラー
  • シード
  • ジョコビッチ
  • ナダル
  • モンテカルロ・ロレックス・マスターズ