ゴルフ

初日出遅れの藍が「68」で急浮上 野村と日本勢トップに並び決勝ラウンドへ

2016年04月15日更新
初日出遅れの藍が「68」で急浮上 野村と日本勢トップに並び決勝ラウンドへ
米女子ツアーのロッテ チャンピオンシップが現地時間14日、ハワイのコオリナGCを舞台に第2ラウンドの競技を終了。77位タイと後方からスタートした宮里藍は「68」でリーダーボードを駆け上がり、通算1アンダー26位タイで決勝ラウンド進出。「71」で回った野村敏京とともに日本勢トップの位置で大会を折り返した。 【PR】国内外ツアー中継が見放題!ゴルフネットワーク見放題プラン 初日に「75」と出遅れた2012年覇者・藍は、上位進出へ立ち上がりからチャージ。2番で長いバーディパットを決め勢いをつけると、微妙な距離を残した3番もバーディ、続く4番パー3では1オンならずも鮮やかなチップインで3...

キーワード

  • タイ
  • アンダー
  • バーディ
  • ラウンド
  • オーバー
  • ボギー
  • 野村敏京
  • チャンピオンシップ
  • パー
  • バーディパット
  • スタート
  • 野村
  • プレー
  • ロッテ
  • ツアー