テニス

ジョコビッチがベセリにまさかの初戦敗退を喫して「誰も無敵ではないという証拠」とコメント [モンテカルロ・ロレックス・マスターズ]

2016年04月13日更新
ジョコビッチがベセリにまさかの初戦敗退を喫して「誰も無敵ではないという証拠」とコメント [モンテカルロ・ロレックス・マスターズ]
モナコ・モンテカルロで開催されている「モンテカルロ・ロレックス・マスターズ」(4月10〜17日/ATP1000/クレーコート)。 水曜日に行われた2回戦で、世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、この3年で初となる初戦敗退を喫した。「誰も無敵ではないという証拠」と試合後のジョコビッチは話している。イリ・ベセリ(チェコ)が6-4 2-6 6-4でジョコビッチを倒しての勝利だった。 ジョコビッチが2回戦で敗れたのは2013年のマドリッドの大会で、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に敗れて以来のことだ。 また、ジョコビッチが最後まで試合を戦って敗れたのは昨年の11月以来で、今年2月...

キーワード

  • ジョコビッチ
  • ベセリ
  • シード
  • プレー
  • フランス
  • サービスゲーム
  • セット
  • モンテカルロ・ロレックス・マスターズ
  • ゲーム
  • マッチポイント
  • ノバク・ジョコビッチ
  • ラファエル・ナダル
  • ベルディヒ
  • ロジャー・フェデラー
  • フォアハンド