ゴルフ

松山英樹「メジャー制覇」に向けて、奏でられ始めた協奏曲が、世界に響き渡る

2016年04月04日更新
松山英樹「メジャー制覇」に向けて、奏でられ始めた協奏曲が、世界に響き渡る
かつて“帝王"と呼ばれたジャック・ニクラスはこんな言葉を残している。 「栄光の影には、星の数ほどの悔しさがある」 メジャー18勝を挙げたレジェンドは、その影で多くの悔しい敗北を味わい、それをバネにいくつもの壁を乗り越えてきた。時は巡り2014年、そのニクラスの前で“日本のエース"松山英樹がPGAツアー初優勝を遂げた。 あれから616日。松山は帝王の残した言葉を誰よりも深く噛みしめることとなる。その間はまるで勝利の女神に見放されたかのように、悔しさを味わってきた。しかし、そのもどかしさの先には真の頂へとつながる道があったのだ。 2016年ウェイストマネジメント フェニックスオープン...

キーワード

  • 松山
  • ファウラー
  • ホール
  • バーディ
  • 松山英樹
  • フェニックスオープン
  • バーディパット
  • パット
  • ウェイストマネジメント
  • ツアー
  • プレー
  • メートル
  • メジャー
  • チャンス
  • ショット