野球

ダル「違和感もなく」術後初めて打者役立たせ投球

2016年04月02日更新
ダル「違和感もなく」術後初めて打者役立たせ投球
本拠地球場のブルペンで投球練習するレンジャーズのダルビッシュ(共同) 右肘のリハビリを続けるレンジャーズ・ダルビッシュ有投手が1日(日本時間2日)、手術後初めて打者役を立たせ、投球練習を行った。 前回に続いて20球を投げた後に5分間の休憩を挟み、この日は5球増やしてさらに25球。久しぶりとなる本拠地球場のブルペンで力強い投球を披露した。 全体練習前に右翼後方のブルペンへ。ブロケール投手コーチに打者役をお願いし、投げ始める。対戦をイメージするように膝元や外角低めに制球し、休憩後はさらに腕を振って球威を増した。 「(打者役がいても)全然、違和感もなく。制球が...

キーワード

  • ブルペン