スケート

羽生「見たか!この野郎」怒とうの首位発進 SP110・56点

2016年03月31日更新
羽生「見たか!この野郎」怒とうの首位発進 SP110・56点
男子SPの演技を終え、雄叫びを上げる羽生 Photo By 共同 羽生結弦(ゆづる、21=ANA)が怒りの首位発進だ。男子ショートプログラム(SP)で、自身の持つ世界最高得点110・95点に肉薄する110・56点をマークし、昨季王者でSP2位のハビエル・フェルナンデス(24=スペイン)に大会史上最大となる12・04点の大差をつけた。この日の昼の公式練習ではデニス・テン(22=カザフスタン)に進路妨害されて精神状態が乱れたが、本番では立て直してほぼ完璧な演技を披露。1日(日本時間2日)のフリーで、2季ぶりの世界一を狙う。 大歓声が降り注ぐ中、「バラー...

キーワード

  • フリー
  • ハビエル・フェルナンデス
  • デニス・テン
  • トーループ
  • サルコー
  • 羽生結弦
  • トリプルアクセル
  • ステップ
  • テン
  • 羽生
  • マーク
  • 中国杯
  • ソチ五輪
  • ショートプログラム