サッカー

“オーナー”本田圭佑が描く、SVホルンの未来と哲学。

2016年03月29日更新
“オーナー”本田圭佑が描く、SVホルンの未来と哲学。
2015年6月にオーストリア3部リーグに所属するSVホルンの経営に参入し、実質オーナーとなった本田圭佑。チームは前期を首位で折り返し、3月から開幕した後期でも引き続き快走を続けている。 現役選手でありながら、彼はなぜクラブ経営の世界に飛び込んだのか。世間の常識を覆し、“有言実行”で新たな価値を創造し続けてきた29歳の野心家が描く壮大なるプロジェクトとは――。 現役選手としてACミランでプレーし、日本代表でもある僕がなぜ、オーストリア3部リーグのSVホルンの経営権を握り、“実質”オーナーの立場でクラブと関わっているのか。その根底にあるのは、自分が生まれてきて物心ついたときから魅了さ...

キーワード

  • ホルン
  • リーグ
  • クラブ
  • サッカー
  • オーストリア
  • ミラン
  • プレー
  • オランダ
  • ヨーロッパ
  • 本田圭佑
  • オーナー
  • スキル
  • トライアウト
  • ジュニアユース
  • フェンロ