野球

“台湾野球の至宝”張泰山が、徳島インディゴソックスで見る夢。

2016年03月29日更新
“台湾野球の至宝”張泰山が、徳島インディゴソックスで見る夢。
台湾球界の至宝、張泰山(チャン・タイシャン)内野手。チャイニーズ・タイペイ代表として2004年五輪、2006年WBCに出場。台湾プロ野球界のみならず、台湾国民でその名を知らない者はいないスーパースターが過去20年間で積み上げた数字は、2134安打・289本塁打・1338打点。いずれも前人未到の記録だ。その張が40歳を迎える今年、活躍の場所に選んだのは海外・日本。それも独立リーグ、四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスだった。 なぜ、張泰山は日本の独立リーグを選んだのか? 四国ILがNPBとMLBを結ぶ「ハブ空港化」に。 昨年7月に中日ドラゴンズに入団して4勝、今季...

キーワード

  • ファン
  • 張泰山
  • リーグ
  • インディゴソックス
  • アイランドリーグ
  • チーム
  • 中島
  • コーチ
  • 統一セブンイレブン・ライオンズ
  • 愛媛マンダリンパイレーツ
  • 四国アイランドリーグplus
  • テキサス・レンジャーズ
  • 香川オリーブガイナーズ
  • 徳島インディゴソックス