テニス

テニス界の様々な問題についてITF会長のハガティ氏に聞く [AP独占インタビュー]

2016年03月26日更新
テニス界の様々な問題についてITF会長のハガティ氏に聞く [AP独占インタビュー]
デビッド・ハガティ氏が国際テニス連盟(ITF)の会長に就任して最初の6ヵ月のテニス界には、八百長疑惑の問題やマリア・シャラポワ(ロシア)のドーピングの陽性反応の告白など、落ち着いた時間がなかった。 「そうですね。いくつかのことが起きて、私は通常の業務をする時間を奪われました」とハガティ氏は言う。「でも、論争が起きたときというのは、チャンスなのです」。 ハガティ氏は全米テニス協会(USTA)の代表を務めた経歴を持つ人物。昨年の9月の選挙で、イタリアのフランセスコ・リッチ ビッティ氏を継いでITFの会長に就任した。インターナショナル・オリンピック・スポーツ・フェデレーションの中では唯一のア...

キーワード

  • ハガティ
  • テニス
  • シャラポワ
  • トップ
  • ドーピング
  • アンチ・ドーピング・プログラム
  • オープン
  • メルドニウム
  • ロジャー・フェデラー
  • ノバク・ジョコビッチ
  • 国際テニス連盟
  • ハードコート
  • フェドカップ
  • 全豪オープン
  • デビスカップ