サッカー

ロスタイム弾続出…アルゼンチンは宿敵チリに勝利で暫定4位浮上/W杯南米予選

2016年03月25日更新
ロスタイム弾続出…アルゼンチンは宿敵チリに勝利で暫定4位浮上/W杯南米予選
2018 FIFAワールドカップ・ロシア 南米予選第5節が24日に各地で行われた。 4連勝で首位のエクアドル代表は4位パラグアイ代表と対戦した。20分にエネル・バレンシアのゴールでエクアドルが先制。しかし、38分にダリオ・レズカノのゴールでパラグアイが同点とすると、59分にもレズカノが決めて逆転に成功した。このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム2分、交代で出場していたエクアドルのアンヘル・メナが土壇場で同点ゴールを決め、2-2で引き分けに終わった。連勝は止まったものの、勝点を13に伸ばしたエクアドルは首位を守った。 7位に沈むコロンビア代表は8位ボリビア代表と対戦...

キーワード

  • アルゼンチン
  • ゴール
  • エクアドル
  • コロンビア
  • チリ
  • ボリビア
  • パラグアイ
  • アディショナルタイム
  • ペルー
  • ベネズエラ
  • リード
  • ホセ・パオロ・ゲレーロ
  • カルロス・バッカ
  • グティエレス
  • アンヘル