大相撲

豪栄道が初の大関10勝 8年ぶりのかど番Vだ

2016年03月23日更新
豪栄道が初の大関10勝 8年ぶりのかど番Vだ
日馬富士(左)を首投げで破り、1敗を死守した豪栄道(撮影・岡本肇) <大相撲春場所>◇11日目◇23日◇エディオンアリーナ大阪 大関豪栄道(29=境川)が、1敗を守って優勝争いのトップに並んだ。 8連敗中だった苦手の横綱日馬富士(31)を首投げで破り、大関10場所目で初の2桁10勝目に到達した。禁酒して故障続きの体を整え、地元大阪の大声援を受けて気力も充実。08年夏場所琴欧洲以来のかど番大関優勝へ、今日12日目は同じく1敗の横綱白鵬(31)と対決する。 ◆豪栄道の優勝争い 11日目終了時の首位は新入幕の07年秋場所以来。同場所は11日目で単独首位も12日目に...

キーワード

  • 日馬富士
  • 白鵬
  • 豪栄道
  • エディオンアリーナ大阪
  • 琴奨菊