大相撲

快進撃!稀勢の里 伊勢ヶ浜親方が感じた変化

2016年03月23日更新
快進撃!稀勢の里 伊勢ヶ浜親方が感じた変化
鶴竜(左)を小手投げで破った稀勢の里は全勝をキープ 今回はいける? 大相撲春場所10日目(22日、大阪府立体育会館)、大関稀勢の里(29=田子ノ浦)が横綱鶴竜(30=井筒)を小手投げで破り10連勝。単独トップを守り、悲願の初優勝にまた一歩近づいた。これまで何度もV争いに絡みながら、終盤戦に失速して賜杯を逃し続けてきた。果たして、今回の快進撃は本物なのか。残り5日間で真価が問われることになりそうだ。 稀勢の里が執念で白星をもぎ取った。鶴竜にもろ差しを許して土俵際まで攻め込まれたが、体勢を入れ替えながら小手投げで逆転勝ち。取組後は「よく残した? 体が動いてくれた。思い切ってやりました。進...

キーワード

  • 稀勢の里
  • 鶴竜
  • 大阪府立体育会館
  • 佐渡ヶ嶽
  • 旭富士
  • 琴奨菊