サッカー

リオ五輪OA枠使用決定の手倉森ジャパン 切り札はオランダ勢

2016年02月20日更新
リオ五輪OA枠使用決定の手倉森ジャパン 切り札はオランダ勢
リオ五輪でOA枠使用を決めた手倉森監督 手倉森ジャパンの救世主はオランダ勢か。Jリーグ強化担当者会議が19日にJFAハウスで開かれ、リオ五輪に出場するU―23日本代表のオーバーエージ(OA)枠使用が決定した。最強チームを編成するためには海外組の参加が不可欠となるが、五輪に非協力的な欧州クラブから実力者の招集は厳しい状況。そんななか、オランダ各クラブがリオ五輪へのOA派遣に前向きな姿勢を見せている。 会議に参加した手倉森誠監督(48)と日本サッカー協会の霜田正浩技術委員長(49)は、24歳以上の選手3人まで登録できるOA枠に関して協力を要請。J各クラブも了承し、選手の五輪供出はO...

キーワード

  • クラブ
  • オランダ
  • リオ
  • 手倉森ジャパン
  • 国際サッカー連盟
  • オーバーエージ
  • メキシコ五輪
  • フィテッセ
  • 霜田正浩
  • 吉田麻也
  • 太田宏介
  • ロンドン
  • メダル
  • 霜田
  • 手倉森