野球

良太616キロ!アニキも兄も超えた

2016年04月19日更新
良太616キロ!アニキも兄も超えた
阪神・新井良太内野手(32)が23日、広島市内のトレーニングクラブ「アスリート」で自主トレを打ち上げた。計26回のウエートトレーニングで開幕4番を務めた13年の自己最高ボディーを復元。下半身強化のレッグプレスでは同ジムで前例のない616キロで屈伸し、スクワットでは広島の兄・貴浩の制止を振り切るように重負荷で強化を重ねた。腰痛を患い、憂き目を味わった昨季の雪辱を期す。 頭部の血管がマックスまで拡張し、良太の顔面はみるみる真っ赤になった。下半身の強化種目レッグプレスの重量は計616キロ。バーベルに円形の重量プレート16枚=405キロ(器具本体50キロ)をつけ、不足分の負荷を同ジムでトレー...

キーワード

  • キロ
  • 良太
  • シーズン
  • スクワット
  • レッグプレス
  • アスリート
  • 貴浩
  • ジム
  • ウエートトレーニング
  • 新井良太
  • 満塁本塁打
  • 平岡
  • 金本
  • 新井良
  • トレーニング